デジタルサイネージとは

バナー

デジタルサイネージとは

屋外をはじめ店頭や公共の空間、交通機関などの様々な場所においてインターネットに接続されたディスプレイなどを用いて情報を発信する仕組みをデジタルサイネージと言います。
高精細なディスプレイが発展してきていることに加えネットワーク網や無線LANの環境が整備されつつあるため利用者や往来する人々に先進的な広告やコンテンツが提供されています。
とても先進的なシステムに感じるものの、私達は既に日常生活においてデジタルサイネージに触れています。

街角の大型ビジョンをはじめ空港や駅、ショッピングモールやエレベーター、大学やホテルなど場所に左右されず急速にデジタルサイネージが拡大しているのです。

Yahoo!ニュースの情報を公開しています。

これまでも似ている技術として電子看板というものがありましたが、デジタルサイネージは単に屋外に設置されている大型画面の広告ではありません。



規模の大きさに左右されることなく全ての機器がネットワークに接続されているという点で全く異なります。

このように急速に進化を遂げており、今後ますます発展が期待されるデジタルサイネージの市場規模は649億円とも言われています。


ホテルにおいてはコンシェルジュの役目を果たし、案内のみならず相談にものってくれるため土地勘の無いエリアにおいても不自由を感じることなく過ごすことができます。

本物のデジタルサイネージサイトが一番おすすめです。

また、株価などの金融情報を表示している場合もインターネットに接続されているおかげで刻々と変化する情報を逐一反映することが可能なのです。