遺産トラブルを未然に防ぐ遺言状の作成

subpage01

財産を所有している人が死亡した場合には相続が発生することになりますが、その際には相続財産は法律で認められた法定相続人である自分の子供や兄弟がそれぞれの取り分に応じて遺産を継承していくことになります。



相続によって継承される遺産の取り分については法律によって定められてはいますが、遺産の中には簡単に取り分に応じて分配できないものもあり、そのような遺産があるようなときには子供たちや兄弟姉妹の間で遺産を巡っての争いが発生してしまうことになります。

このような遺産を巡るトラブルは時として裁判沙汰となってしまい、血を分けた肉親たちが互いに法廷で争わなくてはならない事態に陥ってしまうことも珍しくはありません。
そのような遺産を巡ってのトラブルを未然に防ぐのに最も効果的なのが遺言状の作成です。


遺言状とは実際に遺産を相続される立場である人が自分の死後に遺産をどのように扱うのかを文書という形で記したもので、特に相続人が複数いるようなケースでは遺言状によって遺産の扱いを指示しておくことで遺産トラブルを未然に防ぐことが可能になります。

ビジネスジャーナル情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

また、事業を誰か特定の人物に継承してもらいたいという希望がある場合や遺産として遺す財産が土地や建物などの分配しにくいものであるようなときには遺言状の作成は非常に効果的です。

ただし、遺言状の作成にあたっては書き方のルールを誤ってしまうと、いざというときにその文書は無効となってしまうことがあるのでその点については要注意です。



法律の補足説明

subpage02

遺産分割協議書とは、相続人同士が遺産の分割について合意した内容を書面とした物です。必ず作成する物ではないものの、不動産の相続登記や預金口座の解約など重要な手続きに使用される関係から、多くの場合で作成されます。...

NEXT

法律の情報まとめ

subpage03

被相続人が死亡したときには、その人の所有していた財産のすべては遺言状がない限り、被相続人の配偶者や子供、兄弟姉妹などが法定相続人として遺産を受け継ぐことになります。このことを相続というのですが、法定相続人が遺産を受け継ぐ際にはそれぞれ民法で決められている法定相続分に応じて遺産を分割するのが一般的です。...

NEXT

よく解る情報

subpage04

遺産分割協議書は相続人たちの意思で遺産を分割する時に作成する書類です。日本の相続制度は、基本的に民法に則っています。...

NEXT

サポート情報

subpage04

遺産分割協議書は決まった作成方法があるわけではありませんが、第三者が確認しても明確に判断できるように記載する事が望ましいです。まず、遺産分割協議書は遺言書とは異なり、手書き、パソコンのどちらでも作成が可能です。...

NEXT