• 水の使用に影響をもたらさない不断水工事の有用性

    不断水工事は、家庭や工場、オフィスビルなどで断水を一切せずに既存の配管を分岐したり増設したり行うことができる工事です。
    水は社会的インフラとしての価値を有し、水が一時的にも使用できない状態となると様々な面で不都合が生じるケースが生まれます。



    そこで不断水工事を行うことで水を使用できる状態を維持したまま、既存の配管を分岐したり増設できる画期的な工法となります。


    不断水工事を行うと断水に伴う告知が必要なくなる点、給水車の確保を必要としない、工事完了した場合でも配管内の清掃を行う必要がないメリットがあります。

    よく断水工事を行うと断水に伴う赤水・錆などの汚れた水が流れる懸念が生じますが、そういった汚れた水をほとんど流さない状態となります。

    OKWave関する情報選びといえばこちらのサイトです。

    24時間いつでも水が使用できるため、生活に支障をきたすこともなく、そのまま普段通りに使用できることが優れています。

    なお不断水工事の行い方としては、既存配管に仕切り弁を取り付け、そこに配管を穿孔するための道具を取り付けます。



    既存配管に穿孔を行い穿孔したら仕切弁を閉じたままの状態にし、その後に穿孔した道具を取り外し、分岐のための配管を構築します。
    分岐のための配管が構築されたら仕切弁を開放し通水すれば、それによって分岐管にも通水することが可能です。
    特に水を断水することができない工場などの使用では重宝されますが、最近では大規模マンションなどで不断水工事を行える技術が浸透しており、断水のお知らせの通知が来る頻度も確実に減少しています。