• 不断水による配管工事でコスト削減が可能

    よりコストを抑えて配管工事を行うためには工事に伴う様々な手間を省略し、工事期間を短縮する必要があります。



    従来行われてきた配管の工事では水の流れを止めて作業を行うため、工事現場一帯で断水が発生しました。


    そのため周辺の住民に対する事前の告知や給水車の手配などが必要でした。一方現在では不断水による配管工事の技術が開発され、工事に付帯する様々な手間を省略して工事期間を短縮できます。

    不断水により配管工事を行う主な目的は分岐管とバルブの設置です。

    本来は上水道の工事を行うためのものですが、下水道のバイパス菅や空気弁などの設置を行う場合にも不断水工事が行われています。

    配管内の流水を止めずに作業を行う技術は機械的に穴を開ける方法と部分的に凍結させて行う方法の2つが存在します。


    いずれの方法による場合にも工事の期間を大幅に短縮し、コストを削減することができます。

    機械的に穴を開ける方法では割T字管と仕切弁、穿孔機を使用します。

    ジョルダンニュース!ってとにかくお勧めなんです。

    配管内では通水した状態のまま作業を行うことができます。
    穿孔により生じた本管の破片も水圧で外に排出されるため管内に留まることはありません。工事部分の配管を部分的に凍結させる方法では液体窒素を使用します。


    凍結部分のみ断水しますが、全体的には通水したまま作業を行うことが可能です。不断水による配管工事は通水状態のまま作業を行うことができるため、商業施設などで営業を継続したまま工事ができます。


    手間の省略や工事期間の短縮によるコスト削減だけでなく、ビジネスチャンスを逃さずに済むというメリットも存在します。