• 不断水工事とはどのような工事か

    不断水工事は、水道を止めることなく分岐させる機器を設置したりバルブを設置する工法です。


    従来の水道工事では、工事近辺の住宅などで断水することが多くありましたが、不断水工事の場合には、そのような弊害も大きく軽減されています。不断水工事を採用することで、まったく断水しない工事や最小限の断水にとどめることのできる工事が可能になっています。


    工法としてはいくつかあります。

    一般的なヤノT字管と専用穿孔機を使って、水道本管から分岐させる不断水分岐工法や管路断水器を用いる工法。コンクリートの壁に単管、バルブを取り付けて池などを空にすることなく配管できるコンクリート壁穿孔工法。

    漏水事故などの緊急対応に適した浅層埋設対応型ヤノストッパー工法など、用途や状況、メーカーなどによって、さまざまな工法があります。



    一般的な工法では、まず、分岐する箇所の塗装などを剥離し、単管を取り付け位置に溶接した後、フランジに仕切弁を取り付けます。


    次に、バブルが開いた状態で水圧を上げて、漏れがないかを確認してから穿孔機を取り付け、穿孔します。

    穿孔が完了したら、単管に付いている仕切弁を閉じ、穿孔機を外します。


    最後に溶接部分を再確認し、塗装するという工程になります。不断水工事では、工期の短縮や軽減につながるのがメリットです。
    また、水抜きや水張りなどの必要がまったくないのが特徴です。

    安心安全のYahoo!知恵袋に関する情報収集をサポートします。

    一般工法で必要な断水通知の必要ありません。


    不断水工事は画期的な穿孔分岐工法と言えるでしょう。



  • よく解る情報

    • 不断水工事は、家庭や工場、オフィスビルなどで断水を一切せずに既存の配管を分岐したり増設したり行うことができる工事です。水は社会的インフラとしての価値を有し、水が一時的にも使用できない状態となると様々な面で不都合が生じるケースが生まれます。...

  • 生活入門

    • 配管内の流水を止めて上水道の工事を行う場合には、工事現場周辺の水道が断水することになります。そのため給水車を出動させたり、周辺住民に対して事前の告知を行うことが必要です。...

  • 知っておきたい常識

    • よりコストを抑えて配管工事を行うためには工事に伴う様々な手間を省略し、工事期間を短縮する必要があります。従来行われてきた配管の工事では水の流れを止めて作業を行うため、工事現場一帯で断水が発生しました。...

  • 初心者向き生活

    • 配管工事を行う場合に水の流れを止めることのない不断水工法採用することで、工事に必要となる時間を大幅に短縮して費用を削減することができます。もともと不断水工法は上水道の分岐管工事のために開発されました。...