• 不断水による合理的な配管工事

    配管内の流水を止めて上水道の工事を行う場合には、工事現場周辺の水道が断水することになります。そのため給水車を出動させたり、周辺住民に対して事前の告知を行うことが必要です。



    配管工事には本管か分岐する枝管を設置する場合と、流水をコントロールするバルブを設置する場合があります。

    いずれの場合にも不断水工法により工事を行うことで、断水が生じることなく周辺住民への配慮を行う手間も省くことができるため合理的です。また不断水により配管工事を行う場合には、工事期間を大幅に短縮できるだけでなくコストを抑えることが可能になるというメリットも存在します。

    配管内の流水を止めずに作業を行う方法には割T字管と仕切弁、穿孔機を使用したものと工事を行う配管部分を液体窒素で凍結させるものがあります。

    Girls Channelの情報が必要な方必見です。

    前者は配管に穴を開けて通水したまま枝管やバルブを設置しますが、後者は凍結により部分的に断水させて配管を切断します。いずれの方法も完全に流水を止めることがないため、営業中の商業施設でも利用することが可能です。
    穿孔機を使用して不断水工事を行う場合には、穿孔によって生じた切屑は水圧で外に押し出されるため配管内の清掃は不要です。


    配管を部分凍結させた場合にも凍結部分がバルブの代わりとなり、古いバルブの開閉は不要です。



    そのため赤錆が剥離することも赤水が発生することもありません。


    不断水工法を採用することで作業に必要となる様々な手間を省略し、工事期間を短縮してコストを抑えることができるため合理的な配管工事を行うことが可能となります。