• 不断水による配管工事を行う

    配管工事を行う場合に水の流れを止めることのない不断水工法採用することで、工事に必要となる時間を大幅に短縮して費用を削減することができます。もともと不断水工法は上水道の分岐管工事のために開発されました。現在では下水道のバイパス管や空気弁、バルブの設置工事にも使用されています。

    また圧送ポンプを使用している場合でも不断水工法による工事を行うことが可能です。

    配管の多条化や移設などの際にも使用することができます。



    不断水工法が使用される主な目的は本管から分岐管の取り出しや、バルブの挿入を行うことにあります。


    また工法にも割T字管と穿孔機を使用して機械的に行うものと、配管内の水を部分的に凍結させる方法が存在します。

    こちらのガジェット通信関しての情報探しを行うならネットが便利です。

    後者は液体窒素などを使用して配管内の水を凍結させ、一時的なバルブとして利用する工法です。


    バルブがない部分でも容易に配管工事を行うことができます。
    また赤水が発生しないため配管内の清掃も不要です。

    古いバルブを開閉する場合には錆などがとれて水が赤く濁る現象が発生しますが、凍結工法であれば断水の範囲は部分的でバルブの開閉を行う必要もありません。


    一方機械的に配管に穴を開ける工法を採用した場合にも、穿孔により発生した本管の欠片は水圧によって押し出されます。


    いずれの工法を採用した場合でも水の流れを完全に止めることがないため、商業施設など休業することなく工事を行うことができます。

    流水を止めて工事を行っていた従来の工法では、給水車を手配して周辺の住民に告知するなど事前の準備行う必要がありました。

    不断水工法では特に事前の準備を行う必要がないため、手間を省略することができ効率的です。